レビトラ所持男のまとめ

私を救ってくれ彼女を持てる勇気を与えてくれた、レビトラには感謝の気持ちでいっぱいです。

効果の即効性が高いレビトラの成分バルデナフィルについて

レビトラの成分

即効性が高いレビトラの成分とは?日本では、勃起不全の治療を受けている男性が増えています。勃起不全というと、昔は中高年世代の患者が多かったのですが、最近は、20代や30代の若い男性でも勃起不全の悩みを抱えている人が少なくありません。

勃起不全には、精神的な問題で起こる心因性の勃起不全と、病気やケガなどが原因で起こる器質性の勃起不全があります。若い世代の男性の場合、心因性の勃起不全を発症するケースが多いです。

一方、中高年世代の男性は、糖尿病など生活習慣病が原因の勃起不全に悩むことが多くなっています。勃起不全の治療薬の中で、即効性が高いと言われている薬が、レビトラです。

レビトラは、ドイツの大手製薬会社が開発した勃起不全の治療薬で、日本でも2004年に販売が始まっています。

レビトラの有効成分は、バルデナフィルです。バルデナフィルは、水に溶けやすいことが特徴の成分で、この特徴はほかの治療薬には見られないものです。

最高血中濃度に達するのが早いことが、即効性につながっています。男性は、性的な刺激を受けると、一酸化窒素が放出されます。そして、血管が拡張されることで血液の流れが良くなります。

レビトラは、勃起の持続に必要な物質を壊すPDE5という酵素を抑制する作用があるため、勃起をサポートすることができるのです。

ただ、性的な興奮によって勃起した場合に勃起を補助する薬なので、服用すれば勃起するタイプの薬ではありません。レビトラは、他の勃起不全の治療薬に比べると、食事の影響が少ないです。

標準的な食事の影響は受けないものの、標準的でない食事の影響は受けるので注意が必要なのです。空腹時に服用した方が体内への吸収が良いので、空腹時に服用する人が多いです。

服用は、1日1回服用し、次の服用までは24時間あけます。性行為の約1時間前に服用しますが、服用する量については担当の医師と相談することが大切です。

3種類の錠剤があり、1回の服用量は、医師に指示された用量を守って服用します。患者の中には、早く勃起不全を治したいために、指示された用量を守らない人もいますが、

用量を守らないと健康に害が及ぶ可能性も出てくるので、決められた用量は必ず守ることが大切です。もし、指示された用量で効果が出ない場合は、医師か薬剤師に相談した方が安心です。

心臓病を患っている人で、硝酸剤による治療を受けている場合は、併用することができません。服用すると、血圧が下降して危険です。